本を読む。

この行為のなんと気持ちのいいことか。

著者の想いで紡がれた文字が、
血管の中を流れ、体中に浸透していく。

その蓄積が自身の一部に知らぬ間になり、
言の葉にのせられて、世間に広げられていく。

どんな文字を躰に入れてきたのか。
人生そのもの。






坂東学校の推薦図書を紹介します。
自習にお役立て下さい。






坂東学校長の書籍

坂東忠信新刊のお知らせ
「怖ろしすぎる中国に優しすぎる日本人」
(徳間書店)
画像をクリックすると販売ページに行きます。
 

中華思想・中華社会

 

国家防衛

 

防犯・防災

 

歴史(国内・海外)

 

憲法・憲政史

 

政治・行政・経済

 

子供の情操教育