米中研究者と金とウイルスから生まれたワクチン?

会員学生の皆さん、こんにちは。 何故か梅雨前線で水害が発生する中、お盆も終わりましたね(^_^;) 去年も今年もウイルスの関係で、夏祭りの音さえ聞こえず花火もなく、酷暑の中に生活していることはわかっていても、まったく季節 …

中国の「スパイ防止法」②

会員学生の皆さん、こんにちは。 今日は台風が来てちょっとだけ涼しくなりましたね。 このところ、本の原稿を書いているのですが、私が先行して掴んでいたネタがアメリカ側で公開されたり、新たな事実が解明されたりするので、原稿が現 …

米国亡命の「国安No.2」続報。席次を探れ!

会員学生の皆さん、こんにちは。 先週お伝えした中国安全部No.2の董経緯(董经纬)の件ですが、すでに英語でも多数発信されています。 (米国に逃げたのですから米メディアが発信するのは当然ですが) ところが先週、このネタをみ …

中国が考える理想の東京五輪と「歓迎光臨!」計画

会員学生の皆さん、こんにちは。 東京五輪まであと50日を切ってしましました。 一応やる路線で行っているようですが、が、政府はやるのかやらないのか、国会では未だに開催の是非を論議しているので、よくわかりません。 【2021 …

米国の発生源特定から見えた、ヤツラの絵図

会員学生の皆さん、こんにちは。 緊急事態宣言期間が、また追加で3週間ほど伸びそうですが、皆さん大丈夫ですか?(-_-;) やるならやるでいいけれど、もう延長しようとなんだろうと、国民に緊張感はほぼ皆無。 というか、「また …

北斗システムに関する政府の把握②

会員学生の皆さん、こんにちは。 今回も前回に引き続き、北斗システムについて政府がどれくらい把握しているのか?や、これに絡んだ情報をお届けしますね(^o^)   ●携帯端末ユーザーの位置情報捕捉のしくみ 北斗衛星 …

北斗システムに関する政府の把握。

会員学生の皆さん、こんにちは。 北斗システムの衛星配置は3号計画で完成、すでに55機の衛星のうち35機を使って昨年7月に全世界を網羅しています。 そして中国は今、この衛星が提供するサービスに対応したチップの普及に全力を投 …

「工作員坂東」がぜひ利用したいLINE機能②

会員学生の皆さん、こんにちは。 前回に引き続きLINEのお話です。 もしかすると(もしかしなくても)坂東学校会員学生の皆さんの中にもLINEを使わざるを得ない状況に追い込まれて使っている方も多いのではないでしょうか? で …

「工作員坂東」がぜひ利用したいLINE機能①

会員学生の皆さん、こんにちは。 LINE問題はどうも「情報遮断で解決済み」とされそう。 このまま政府と国民をつなぐネットワークとして正式採用されそうで、「一時停止」というあまりにボケすぎた措置はもう話にならないレベル。 …